お買い替えガイド

売却先行型・購入先行型

  • 売却先行型・購入先行型、それぞれのタイプでメリット・デメリットは異なります。
    それぞれのタイプのメリット・デメリットを見てみましょう。
  メリット デメリット
売却先行型
売却先行型
フロー

・ 売却金額が決まり、購入資金にあてられる金額が確定するので、ご購入物件の資金計画が立てやすくなります。

・ 売却を急ぐ必要がないので、価格交渉などの面でもある程度余裕を持って進められます。また、たとえ買い替えを中断したとしても住む家は残ります。

・ 売却が決まれば、買主に物件を引き渡す日までに、新しいお住まいを探さなければいけません。

・ ご購入の物件がなかなか決まらないと、仮住まいをする必要が出てきます。

購入先行型
購入先行型
フロー

・ 仮住まいなどの無駄な費用がかからず、引越しもスムーズにできます。

・ ご希望の条件にあった物件をじっくり探すことができます。

・ 先に新居に引越しする事ができる場合、売り家の現地販売会(オープンハウス)を、いつでも行うことができるので、広告をスムーズにうつことができます。

・ 新居の取得までになかなかお住まいをご売却できない場合、ローンを2重に払わなければならないことが想定されます。

・ 期日が切られてしまうため、価格交渉などの時に強気の交渉がしづらくなります。

© SOTETSU REAL ESTATE SALES Co.,Ltd.
PAGE
TOP