STEP7
残代金受領と物件引渡し

STEP7 残代金受領と物件引渡し

残代金の受領と物件引渡し(残代金決済)のスケジュール調整は、弊社が行います。
残代金受領時に必要な諸費用や登記関係書類について「残金のご案内」にて事前にお知らせいたします。
営業担当が最後まで責任をもってお手伝いさせていただきます。

残金決済の流れ

  • ①登記申請の依頼

    所有権移転など、登記を代行する司法書士に必要書類を渡し、登記申請を依頼します。

  • ②残代金の受領

    残代金を受け取って領収証を発行します。

  • ③各種負担金の清算

    固定資産税や管理費などの清算を行います。引越し日までの金額を日割りで計算して、清算金を受け取り、領収証を発行します。

  • ④関係書類の引渡し

    管理規約、パンフレット、付帯設備の保証書・取り扱い説明書、その他引き継ぐべき書類をまとめて買主様に引渡します。

  • ⑤鍵の引渡し

    買主様に建物に付随するすべての鍵を引渡し、その確認として「不動産引渡し確認証」にご署名、ご捺印していただきます。

  • ⑥諸費用の支払い

    仲介手数料の残額や司法書士への登記にかかる費用など、諸費用をお支払いいただきます。

■残金決済時に用意するもの(売主様)

  • 1

    登記関係書類(登記済証まはた登記識別情報)

  • 2

    実印

  • 3

    印鑑証明(3ヶ月以内のもの1通)

  • 4

    固定資産税納税通知書

  • 5

    公共料金清算領収証(電気・ガス・水道料金など)

  • 6

    管理規約、パンフレット、建築確認通知書など

  • 7

    仲介手数料の残額

  • 8

    登記費用(抵当権抹消登記などがある場合)

  • 9

    売却物件の鍵

※登記されている住所と印鑑証明の住所が異なる場合など、これ以外にも書類が必要となる場合がございます。

■メモ

不動産をご売却した年の翌年に、確定申告をする必要があります。
通常、年末調整で納税しているサラリーマンの方も確定申告が必要となりますので注意が必要です。
申告手続きは税理士に依頼することもできますが、ご本人様でも十分可能です。
各税務署で申告書の書き方について無料相談を実施しております。

© SOTETSU REAL ESTATE Co., Ltd.
PAGE
TOP